2008年07月31日

[ 騎馬武者伝リアルタイプフィギュア3 武者摩亜屈 ]

kibamusha02.JPG

とりあえずゲットしました。
お馬さんの方はまだ開封しておりません(今回も箱にパンパンに詰まっている模様)

kibamusha03.JPG

武者頑駄無と。
精太は未所持です・・・再録でラインナップされているのでその時にでも・・・。

摩亜屈には「馬」というイメージはありませんね。
やはり武者イーグルの方が良かったのかなーと思いますが、そうすると[騎馬武者伝]
という商品では売れなくなってしまいますね。
リアルの武者イーグルもどうなるか分からないのでそっちも困りますが(汗)

可動は相変わらず「癖」がありますが、格好良いポージングがとれるので
不満はありません。
ただ今回はちょっと関節が柔らかい感じがします。

上にも書きました通り(10月だったでしょうか?)再録で武者精太、武者摩亜屈、騎馬
がラインナップされています。
再録という事でカラーリングが変更になっているようですし、摩亜屈は薙刀が付属
するようです。
摩亜屈はZガンダムフェイスになっていると嬉しいですが。

謙信頑駄無や信玄頑駄無まで発売になりますし今後の展開に注目したいところです。
posted by es at 03:27| Comment(0) | ご紹介>etc | 更新情報をチェックする

[HCM Pro] 更新情報:7/31

[1/200maniax]さん

-MSM-04FGT アッガイ強行偵察型-

オラ設定という事ですがこのように楽しむのも良いですね。
制作中のリック・ディアスは一応オラ設定でいくので色々と考えておかないと・・・。

自分も水泳部員(笑)を弄りたいのですが、これ以上増やすと大変なので手を
付けておりません。
分解したズゴックが作業デスクの端っこにあるんですけどね・・・。

[HCM-Pro ももんじゃの散財帖]さん

-HCM-Pro 57 ガンダムサンドロック-

ももんじゃさんは毎度毎度細かいところまでご紹介して下さるので、自分で
手に取っている錯覚に陥ります(笑)

今回も格好良いポージングですので是非ご覧になってみてください。
posted by es at 03:14| Comment(0) | HCM Pro LOVERS | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

[HCM Pro] ガンダムMk-U -パネルライン-

改修?と言って良いのか分かりませんが、とりあえずパネルラインを消して
スミ入れ等を行う予定です。
要するにガンプラで言う「簡単フィニッシュ」でしょうか。

続きを読む

2008年07月28日

[HCM Pro] 更新情報:7/28

1/200maniaxさん [ガンダムMk-U] の記事をご紹介していただき
ありがとうございました。
記事内での御礼になってしまい申し訳ございません。

[HCM-Pro改造部屋]さん

-HCM-Proガンダム(ティターンズ仕様)完成-

Nickさんがガンダム(ティターンズ仕様)を完成されました。

ティターンズブルーの上にホワイトのデカールが貼られており、とても
見栄えがしますね。
膝アーマーのイエローのワンポイント塗装もNickさんのセンスの良さを
感じさせます。

アンオフィシャルですがセイラ専用ガンダム(格闘ゲームに出ていたと思います)
や、アムロ専用ガンダムMk-U(MIAの抽選プレゼント)等カラバリは多数存在
すると思われます。
リペイントのみで楽しむというのも良いかもしれませんね。

[HCM-Pro ももんじゃの散財帖]さん

-SUPER HCM-Pro 量産型ザクII(陸戦用)-

量産型ザクとシャア専用ザクとの差異も載せる等細かい部分もご紹介されて
おります。
武装てんこ盛りのごてごて感が堪りませんね。

とても格好良いですがやはり値段がネックでしょうか・・・。
posted by es at 20:51| Comment(0) | HCM Pro LOVERS | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

[HCM Pro] 模型誌 2008/9月号

8月

[01-03] RX-78-2 ガンダム -ジャブロー防衛線-
[58-00] トールギス

9月

[59-00] シェンロンガンダム
[G-BOX] 連邦軍MS小隊 最前線セット

10月

[60-00] 00ガンダム(予約を受け付けているサイトさんだと [HG] 同様9月)

未定

[61-00] ケルディムガンダム(予約を受け付けているサイトさんの情報によると11月)

トールギスとシェンロンガンダムは成型試作が掲載。

トールギスの色は白から暖色系のグレー(クリーム系の色と言った方がいいので
しょうか)に変わっている?ようです。
光の当て方や加減もありますし、試作なので製品版では変わる事もあるかと思います。

シェンロンガンダムのドラゴンハングは炎のエフェクトパーツが付属。
エフェクトパーツの重さに負けないように、伸ばした腕の下に接続するクリアの
支持パーツが付属。
胸部外装は別パーツ化。内部にはメカディティールが施されているようです。

00ガンダムはHGの出来が良さそうなのでHCM Proのバランスがいまいちに見えます。
ポージングが悪いだけと思いたいですが・・・。

ただHGでもそうでしたが足首の可動範囲はとても広く接地性が良さそうです。
00のデザインが可動を仕込むのに良かったのだと思います。

ケルディムガンダムの方はまずまずだと思います。
GNスナイパーライフルUの展開ギミックは再現されそうです。

両方ともまだ彩色試作段階なので何とも言えませんが、来月号の続報に期待したい
ところです。
posted by es at 02:46| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。