2008年09月01日

HCM Pro [23-00] MSZ-006 Z GUNDAM

ボブさん、Nickさんお二方とも無事にゲット出来たようですね。
お疲れ様でした。
完成まで一手間二手間かかるレジンキットですが、途中記事等楽しみにしております。

差し替えを間違えていたり等色々と問題点がある画像ばかりですが、何卒ご了承
ください。
グリーンダイバーズVer.の方も見ていただくとより分かり易いかと思います。

msz-006_hcm04.JPG

素立ち

立たせるの大変でしたよ・・・。
一番ポージングに時間がかかったかもしれません(汗)
こんなに接地性が悪かったとは思いもしませんでした。

msz-006_hcm05.JPG

うしろから

付属品は下記の通りです。

・アンテナ(プラ製 PVC製も付属)
・各武器保持用の握り手 左右
・平手 左右
・シールド
・ビーム・ライフル
・ビーム・ライフル(差し替え用の伸縮パーツ)
・ハイパー・メガ・ランチャー
・グレネードパック×2
・ビーム・サーベル 左右(マニピュレーターと一体成型)
・ビーム・サーベル(ビーム・ライフル用発振パーツ)
・ビーム・サーベル(ハイパー・メガ・ランチャー用発振パーツ)
・台座ジョイント(ハイパー・メガ・ランチャー取り付け用)
・台座ジョイント(シールド取り付け用)
・WR用腹部
・台座

msz-006_hcm06.JPG

脚の外装は外す事が可能で、内部にはディティールが施されています。
取り外した外装裏にも手抜き無くモールドが施されています。

msz-006_hcm07.JPG msz-006_hcm08.JPG

ビーム・ライフルとハイパー・メガ・ランチャー

msz-006_hcm09.JPG msz-006_hcm10.JPG

ビーム・ライフル

msz-006_hcm11.JPG msz-006_hcm12.JPG

msz-006_hcm13.JPG msz-006_hcm14.JPG

ビーム・サーベル

msz-006_hcm15.JPG msz-006_hcm16.JPG

msz-006_hcm17.JPG msz-006_hcm18.JPG

ハイパー・メガ・ランチャー

msz-006_hcm19.JPG

飛翔

msz-006_hcm20.JPG msz-006_hcm21.JPG msz-006_hcm22.JPG

ビーム・ライフル(ロング・ビーム・サーベル)

msz-006_hcm23.JPG msz-006_hcm24.JPG

ハイパー・メガ・ランチャー(ロング・ビーム・サーベル)

msz-006_hcm25.JPG msz-006_hcm26.JPG

WR形態

msz-006_hcm27.JPG msz-006_hcm28.JPG msz-006_hcm29.JPG

WR形態(ハイパー・メガ・ランチャー装備)

-使用スタンド-

・ハセガワトライツール [フレキシブルスタンド ロボット用A]

パネルラインは本体成型色部分とブルー部、レッド部、ブラック部と多少多く
見受けられます。
ウェーブライダー形態でのパネルラインの位置も意識しているみたいです。

ブルー部は濃いブルーの為好みが分かれそうです(自分はあまり好きではありません)
再塗装となると大変そうですね(どうしよう・・・)

Mk-U同様、HCM Pro独特のディティールが施されている部分があります。
もし弄るとしたらなるべく落としたいですが・・・。

差し替えが多い事ですし、サイドアーマーのビーム・ガン展開も差し替えでの
再現をして欲しかったでしょうか。

ウェーブライダー形態への変形シークエンスは、各部の保持が比較的かっちり
しているので安定しています。
それでもポロリする部分がありますが(笑)

やはり残念なのは「パンダ」目ですね。
可動範囲はMS形態、WR形態での両立ですので頑張っている方かと。
MS形態での足首の接地性はほぼ皆無なので、スタンド必須です。

それと一通り変形をさせると関節の保持が若干弱くなっている気がします。
色々とHCM Proに触れてきましたが、POMって良いのでしょうかね?

以上、HCM Pro [23-00] Zガンダムのご紹介でした。
posted by es at 02:01| Comment(0) | ご紹介>HCM Pro | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。