2008年09月07日

[HCM Pro] ギラ・ドーガ -モノアイクリアパーツ化-

HCM-Pro改造部屋さん、200,000 HITおめでとう御座います。

記事のご紹介をしていだいたりと色々といつもお世話になっております。
制作や出荷日速報等大変だと思いますが、これからも益々のご発展を心より
お祈り申し上げます。

モノアイクリアパーツ化は続きにて・・・。

モノアイ部分はパーツ構成を見ていただくと分かると思いますが、上下で挟み込む
という珍しい構成になっています。

挟み込むという事は上下で分割されているはずなので、モノアイ部分を取る為に
分割したいと思います。
ただ接着の強弱により作業方法が変わりますので、一応二通り書いておきます。

-接着が弱い場合-

首接続穴から細い棒状のものを差し込み押し上げると外れます。
穴の先には別パーツである内部装甲(ヘルメットを開けると見える灰色のパーツ)
があるので、それとヘルメット下部が接着されている事が分かります。

これで終わりです(汗)
ものの数秒で終わってしまいます。

すんなり取れたのは接着が弱かった為であり個体差があるかと思います。
うちのレズン機はこの方法で外れました。

-接着が強固な場合-

上の方法で外れない場合は、ヘルメットを開けると後頭部側にある接続部分を切り取る
方法です。
この部分まで接着されていると、接続部分の噛み具合といい外すのはちょっと容易では
ありません。

切り取る方法は簡単で、接続部分をノミや細い彫刻刀のようなもので削っていきます。
ただスペースが狭いので慎重に行ってください(HCM Proはパーツが薄いので、力を
入れすぎると白化したりパーツに穴が開いてしまうので)
リューターで削るのも良い方法だと思いますが、こちらも慎重に作業を行ってください。

接続部分を切り取ったら首接続穴から細い棒状のものを差し込み
押し上げてみてください。
これで外れなかったら・・・諦めた方がいいかもしれません(涙)

うちの一般機が接着が強固なタイプでした。

ams-119_hcm01.JPG

分解するとこんな感じになります。

ams-119_hcm02.JPG

レズン機と一般機の頭部の比較。
作業する際の目安にしていただけると幸いです。

モノアイ部分はピンクに塗装されている部分を削り、
Wave社のH・アイズ[3]ミニ 2.0mm径を使用しています。
H・アイズの裏にはラピーを貼っています。

モノアイは小さいパーツなので削りすぎに気をつけてください。

ams-119_hcm03.JPG ams-119_hcm04.JPG

作業が終わったらパーツを元に戻します。
するとこんな感じになります。

一般機のモノアイガードは作業の際白化してしまった(力を加えすぎるとこうなります)
ので切り取りました。
レズン機はモノアイガード有りで写真を撮ったのですが、いまいち効果が実感
できなかったので載せませんでした。

文才が無いので長文且つ駄文になってしまい申し訳ありません。
分からない事が御座いましたらお気軽にコメント欄にてご連絡ください。

さて残すところ「ハンブラビ」だけとなりましたが、リック・ディアス同様
十字のモールドが施されているんですよね・・・。
あとアッシマーもモノアイならアッシマーも残っていることになります(汗)
posted by es at 04:24| Comment(0) | modeling | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。