2009年03月10日

HCM Pro [64-00] GN-008 SERAVEE GUNDAM

ちまちま撮っていたので遅くなってしまいましたが、セラヴィーガンダムの
ご紹介になります。
しょぼい内容ですが参考にしていただけると幸いです。

gn-008_hcm01.JPG

正面から

gn-008_hcm02.JPG

うしろから

gn-008_hcm03.JPG

バック・パック(セラフィム)を外すとこんな感じです。

gn-008_hcm04.JPG gn-008_hcm05.JPG

GNバズーカUは設定通り分離・合体を再現。

付属品は下記の通り。

・セラヴィー用頭部アンテナ(プラ製 PVC製も付属)
・セラフィム用頭部アンテナ(プラ製 PVC製も付属)
・武器保持用握り手(セラヴィー用) 左右
・平手(セラヴィー用) 左右
・武器保持用握り手(セラフィム用) 左右
・平手(セラフィム用) 左右
・GNバズーカU
・GNビームサーベル×4
・ディスプレイベース
・HCM Pro オリジナルサンクスボーナスパーツ

gn-008_hcm06.JPG gn-008_hcm07.JPG

[GNバズーカU]

gn-008_hcm08.JPG

二つを合体させて「ダブルバズーカ」

gn-008_hcm09.JPG

砲身を展開させて「ダブルバズーカバーストモード」

gn-008_hcm10.JPG

「ダブルバズーカバーストモード」+ GNキャノンを同時発射で「ハイパーバースト」

[GNキャノン]

gn-008_hcm11.JPG

四つ同時に発射で「クアッドキャノン」

gn-008_hcm12.JPG

肩のGNキャノンにGNバズーカUを装着で「バスターキャノン」

gn-008_hcm13.JPG gn-008_hcm14.JPG

二つ装着で「ツインバスターキャノン」

gn-008_hcm15.JPG

片方のGNキャノンにダブルバズーカを装着する「ダブルバズーカキャノン」

gn-008_hcm16.JPG

砲身展開で「ダブルバズーカバーストキャノン」

gn-008_hcm17.JPG

一斉発射

gn-008_hcm18.JPG

「フェイスバーストモード」

gn-008_hcm19.JPG

GNビームサーベル

gn-008_hcm20.JPG gn-008_hcm21.JPG

隠し腕

gn-008_hcm22.JPG gn-008_hcm23.JPG

阿修羅

gn-008_hcm24.JPG

セラフィム分離
GNコンデンサを積んでいると思われるのでこちらが砲撃用なのかな?

gn-008_hcm25.JPG gn-008_hcm26.JPG

おまけ

[GN-009 SERAPHIM GUNDAM]

gn-008_hcm27.JPG

正面から

gn-008_hcm28.JPG

うしろから

セラフィムへの変形は頭部とマニピュレーターは差し替えです。

gn-008_hcm29.JPG

gn-008_hcm30.JPG

GNキャノン

gn-008_hcm31.JPG gn-008_hcm32.JPG

gn-008_hcm33.JPG gn-008_hcm34.JPG

GNビームサーベル

gn-008_hcm35.JPG gn-008_hcm36.JPG

武装が寂しいのでダブルオーから短いサーベルとGNソードUを拝借
実体剣も備えるGNソードUの方がGN粒子の消費が少ないでしょうし、
ダブルオーはGNソードVを装備するので。

gn-008_hcm37.JPG

こういう使われ方をするか分かりませんが、GNバズーカも保持可能。
また「バスターキャノン」状態にする事も出来ます。

gn-008_hcm38.JPG

「君には聞きたい事がある」

そういえば外伝で作り直された?黒いプルトーネが擬似GNドライヴで
稼動していましたが、サダルスードやアブルホール、アストレアも
擬似GNドライヴで動く可能性はあるのかな?

gn-008_hcm39.JPG gn-008_hcm40.JPG

-使用スタンド-

・ウェーブ [フライングスタンド]
・HOBBY BASE [ミニMSスタンド クールクリア]
・バンダイ [アクションベース2 スパークルクリアグリーン]

撮影途中で購入したバンダイのアクションベースですが、セラヴィーには
ちょうど良い感じに使えます。
[HCM Pro] 用に購入したわけではないのですが(苦笑)
GN粒子っぽくて良いですね。
CCAのνやサザビーのサイコフレーム搭載機にも良さそうです。

-可動について-

[セラヴィーガンダム]

首は頭部側ボールジョイント + 胴体側軸可動。
引き出すことによりさらに可動します。

肩は若干の前後スイング。
肩アーマーは独立可動ではなく腕部を挟み込んでいるかたちです。
肩アーマーに挟み込んでいるGNバーニアが付いてるアーマーも可動。

上腕は横ロール可動、肘は二重関節でかなり可動範囲は広いです。
手首は前腕側と手首側に可動軸があり、GNバズーカを構えるのに一役かっています。

腰はボールジョイントで引き出すことにより可動範囲が広がります。
サイドアーマーはケルディムに似た構造で、サイドアーマー自体を
後ろに逃がす事が出来ます。
ストライクフリーダムにこの構造を使ってくれれば・・・。
基部はボールジョイント接続。

股関節はボールジョイントで引き出すことにより可動範囲が広がります。

膝は二重関節ですがまずまずといった感じ。
足首は軸可動 + ボールジョイント。
引き出すことにより可動範囲が広がります。

[セラフィムガンダム]

首はボールジョイント。
干渉するパーツがないので可動範囲は広いですが、ポージングによって
クラビカルアンテナが邪魔して顔が見えにくくなります。

肩はGNキャノンの可動と相まって上下可動が可能。
さらにボールジョイント接続なので可動範囲は広いです。
上腕は横ロール可動で肘は二重関節でかなり可動します。
手首は取り付けるだけで可動部はなし。

腰・股関節はボールジョイント接続。
サイドアーマーは軸可動。

膝は二重関節で変形の都合上可動範囲は広いです。
足首は多重関節ですがデザインの都合上横の可動範囲はいまいちです。

-塗装について-

セラヴィー・セラフィム共に概ねキレイに塗装されていると思います。
ですがデザイナーさんの画稿等一部に存在するグレー塗装の部分ですが、
殆どが省略されております。

セラフィムに加えGNバズーカUとGNキャノンのギミックも相まってかなり遊べる
機体になっているかと思います(フェイスバーストもありますし)
塗装精度も良好ですし購入しても損はしない内容ではないでしょうか。

以上簡単ですが、[HCM Pro] セラヴィーガンダムのご紹介でした。
長文且つ文才のない記事にお付きあいいただきありがとうございました。
posted by es at 01:26| Comment(0) | ご紹介>HCM Pro | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。