2007年04月21日

HCM Pro [23-01] MSZ-006-3 Z GUNDAM 3号機 -GREEN DIVERS Ver.-

もう少しと言いつつ1週間も経ってしまいました。
大変お待たせいたしました。

やっとご紹介出来ますがこれだけ長い時間をかけたのにも関わ
らずちょっとしたミスが写真にはあります(汗)
陸戦型ガンダム購入前に終わって良かったのですが(笑)

今回のご紹介は前もって書きましたとおり

「Zガンダム3号機 グリーンダイバーズVer.」

になります。

つい先日MGで発売されたホワイトユニコーンVer.のカラーリング
とはまたちょっと違うカラーリングです。
皆さんもご存知の方(笑)が乗っていると思われるZガンダムです
が、MAX渡辺氏が監修?した青を基調としたスプリッター迷彩の
Zガンダムも格好良かったな・・・。
このカラーリングの方があの方っぽいですし。
確かMIAの限定版で出ていたと思います。

前置きが長くなってしまいましたがご紹介の方をさせていただき
ます。

gdz.ms_hcm01.JPG

素立ち

gdz.ms_hcm02.JPG

バックショット

付属品は下記の通りです。

・アンテナ(プラ製 PVC製も付属)
・各武器保持用の握り手 左右
・平手 左右
・シールド
・ビーム・ライフル
・ビーム・ライフル伸縮パーツ
・ハイパー・メガ・ランチャー
・グレネードパック×2
・ビーム・サーベル 左右(マニピュレーターと一体)
・ビーム・サーベル(ビーム・ライフル用発振パーツ)
・ビーム・サーベル(ハイパー・メガ・ランチャー用発振パーツ)
・台座ジョイント(ハイパー・メガ・ランチャー取り付け用)
・台座ジョイント(シールド取り付け用)
・WR用腹部
・台座

付属品が多いですね・・・。
差し替えパーツが多いので仕方がないのですが。

MS形態でのプロポーションは概ね良好です。
肩アーマーがちょっと小さい気がしますが、フライングアーマーに
収納する関係上仕方がないでしょうか。

フライングアーマーの位置はもうちょっと上のほうが良いか
な・・・。
それと太腿軸が長いので両足が離れて見えてしまい、いまいち
しっくりこない感じです。
これも変形シークエンスの関係上仕方がないでしょうが、
ポージングの際にちょっと気になります。
フライングアーマーの件は下の方で詳しくやります。

変形の都合上膝の可動範囲は広いですが、他の部分は最近の
HCM Proと比べるとイマイチです。
特に足首の接地性があまり宜しくないです。
踵側のアーマーが無可動というのもありますが、干渉する部分が
多いのでポージングの際どうしても浮いてしまいます。
WR形態時の足首の伸縮が再現されているのであまり文句は
言えませんが・・・。
上半身も変形の関係で肩が軸接続(ボールジョイントだったり、
引き出し式にはなっていません)、肘は90度程度と必要最低限度
の可動はありますがもう少し頑張って欲しかったでしょうか。

gdz.ms_hcm03.JPG

gdz.ms_hcm04.JPG

ビーム・ライフルの伸縮は差し替えで再現されています。
下アングルでは伸縮状態が判別出来ませんが(汗)

gdz.ms_hcm05.JPG

gdz.ms_hcm06.JPG

gdz.ms_hcm07.JPG

gdz.ms_hcm08.JPG

ビーム・サーベルはマニピュレーターと一体成形です。

gdz.ms_hcm09.JPG

gdz.ms_hcm10.JPG

ハイパー・メガ・ランチャーは差し替え無しで伸縮が可能です。
写真では伸ばすのを忘れてしまいました(汗)
可動範囲がいまいちですが何とか保持出来ます。
左手でも持てますが、サブ・グリップが左手の方にしかない
ので構えることは出来ません。

gdz.ms_hcm11.JPG

gdz.ms_hcm12.JPG

おまけショットです。

gdz.ms_hcm13.JPG

gdz.ms_hcm14.JPG

先端部分を差し替えてロング・ビーム・サーベル使用時を再現
出来ます。

gdz.ms_hcm15.JPG

gdz.ms_hcm16.JPG

ビーム・ライフルも同様です。

gdz.ms_hcm17.JPG

gdz.ms_hcm18.JPG

おまけショット其の二(笑)

gdz.ms_hcm19.JPG

上の方で述べましたフライングアーマーですが、MS形態では
やはり位置的に下寄りな気がします。
説明書ではジョイント部分を下から付けると書いてありますが、
上の写真ではジョイントの干渉する部分を削って上から付けて
みました。

gdz.ms_hcm20.JPG

こちらの方が分かり易いでしょうか。

gdz.ms_hcm21.JPG

左側:上から付ける
右側:下から付ける

gdz.ms_hcm22.JPG

脛サイドアーマーが取り外し可能で、内部はディティールが
施されています。
サイドアーマー裏にもメカモールドが施されていますが、
内部ギミックは脛サイドアーマーにしかありません。
パーツの強度等考えるとここにしか入れられなかった
のでしょうね。

gdz.wr_hcm01.JPG

gdz.wr_hcm07.JPG

WR形態はマニピュレーター、ブレードアンテナを外す事で
再現可能です(WR用の腹部を使用しないでも可能です)
プロポーションはあまり良くないでしょうか。
フライングアーマーに腕部を収納する関係上フライングアーマー
が幅広になっていますし、機首(シールド)も短い気がします。
脚もなんか変ですし・・・。
ですが殆ど差し替え無しで再現というところは評価出来る
ところだと思います。

-使用スタンド-

・ハセガワトライツール [フレキシブルスタンド ロボット用A]

長々と書いてしまい中にはマイナス点もありますが、Zガンダム
への思い入れと解釈していただけると幸いです。

これでも頑張ったつもりですが文才 & 写真のセンスが無い
ご紹介にお付き合いいただきありがとうございました。

以上[HCM Pro Z GUNDAM 3号機]のご紹介でした。
posted by es at 20:47| Comment(0) | ご紹介>HCM Pro | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。