2007年10月11日

[HCM Pro] ストライクフリーダム -腰部可動化-

ご質問が御座いましたので書かせていただきます。
ハイコンプロスレまとめサイトさんの方(お手軽カスタムのところ)と合わせて
ご覧になると分かりやすいかと思います。
どうぞご参考になさってください。
また急いでやりましたので荒い部分があるかと思いますがご了承ください。

s.freedom_hcm13.JPG

腹部と腰部を離すとこんな感じになっていると思います。
レールガンを外すと・・・

s.freedom_hcm14.JPG

このようになっています。

腰部側にレールガンのピンがある為腹部と干渉し、腰が回らないのが分かる
かと思います。
干渉しないで腰を回転させるのには、腹部側にレールガンのピンを移す必要が
あります。

まずレールガンの黒いピンと白いピン(レールガンを後ろに回したときの固定
ピンだと思われる)を切り取ります。
自分はエッチングのこで切りましたが、ニッパーやデザインナイフで切り取って
も大丈夫です(むしろその方が楽です)

s.freedom_hcm15.JPG

するとこのようになります(紙やすりをかけている為白くなっています)

s.freedom_hcm16.JPG

レールガンのピンはストライクフリーダムのランナーを使います。

次にピンを固定する穴を腹部側に開けるわけですが、位置決めはきちんと行って
ください。
一応目安としての位置を写真に撮りましたが、あくまで目安なので各個人で
決めてピンバイス等で開口してください。

s.freedom_hcm17.JPG

目安はこんな感じです。最終的に2.5mm径の穴を開けます。
最初径の小さいピンバイスで位置決めをし、段々径を大きくしていくと
失敗が少ないかと思います。

開口した穴に先ほど紹介したストライクフリーダムのランナーを適度な長さ
に切ったものをはめると・・・

s.freedom_hcm18.JPG

このようになります。
ランナーが緩い場合はABS接着剤や瞬間接着剤で固定しても良いと思います。
ただ軸の位置を決めないと間違った場所で接着されてしまうので、接着の際
はお気をつけください。

s.freedom_hcm19.JPG s.freedom_hcm20.JPG

すべての工程を終えればこのように後ろに展開した状態でも腰を回す
事が可能になります。

もし不安な部分等御座いましたらお気軽にご質問ください。
posted by es at 21:34| Comment(1) | modeling | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
迅速なご教授感謝です!

さきほど改造完了しました。
Posted by 肉 at 2007年10月12日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。