2007年12月31日

HCM Pro [49-00] GN-005 VIRTUE

今年最後の更新になります。
こんなblogでも見に来てくださる方がいて本当に嬉しい限りです。
来年はもうちょっと作業スピードを上げたいですね。

さて結局アカツキの撮影は終わらず、amazonさんから年の瀬になっての
贈り物の中からご紹介させていただきます。

何気にダブルオーのHCM Pro初購入です(笑)

商品はナドレ(ヴァーチェ素体)状態と、ヴァーチェの外装を付けたクリア成型
のスタンドが入っています(GNバズーカやその他付属品も同封)

virtue_hcm01.JPG

virtue_hcm02.JPG

ヴァーチェ外装+クリアスタンド

スタンドの状態での可動部分は手首と足首の為このようにほぼ棒立ちです。
可動を仕込んでみたくなりますが・・・収拾がつかなくなるので止めておきます。

次はナドレにヴァーチェの外装を付けた状態。

virtue_hcm03.JPG

素立ち

virtue_hcm04.JPG

バックショット

リアアーマーのバーニア?はゴールドで塗装されています。
質感的にはとても良いと思いますが、同じGN粒子発生部という解釈なら
GNキャノン部と脚部のディティールもゴールドで塗装してもらいたかったです。

付属品は下記の通りです。

・アンテナ(プラ製 PVC製も付属)ヴァーチェ時
・アンテナ(プラ製 PVC製も付属)ナドレ時
・各武器保持用の握り手 左右
・平手 左右
・GNビームサーベル(発振状態×2)
・GNビームサーベル(未発振状態×2)膝収納時用
・GNバズーカ

virtue_hcm05.JPG

GNバズーカ

グリップが可動しない為いまいち構えにくいです。

virtue_hcm06.JPG

GNキャノン

設定通り可動し、砲身がスライドして展開します(HG同様)

virtue_hcm07.JPG

GNバズーカは砲身の伸縮や発射口の展開、サイドグリップの展開機構が
内臓されています(設定通りか分かりませんが)
GNドライヴ部とコックピットハッチは設定通り開閉可能。
GNバズーカを構えるのに必要不可欠ですので。

virtue_hcm08.JPG

GNキャノン部と脚部GN粒子発生部は設定通り展開可能。

virtue_hcm09.JPG

ヴァーチェ外装+クリアスタンドとナドレ
商品はこの状態で梱包されています。

virtue_hcm10.JPG

virtue_hcm11.JPG

外装を一部パージ

GN-004 GUNDAM NADLEEH

ジャケットアーマーパージ

virtue_hcm12.JPG

素立ち

virtue_hcm13.JPG

バックショット

頭部のコードはPVCで再現されています。
劇中ではもうちょっと赤い気がしましたが・・・。
首の自由度としてはあまり期待しない方が良いかと。

virtue_hcm14.JPG

劇中でご覧になった方もいらっしゃると思いますが、
GNキャノンを手に装備可能。

virtue_hcm15.JPG

発射ポーズその一

virtue_hcm16.JPG

発射ポーズその二

決して今BS-iにて放送中のガンダムWを意識しているわけではありません(笑)
ウイングゼロが出始めて来週にはエピオンが・・・。

virtue_hcm17.JPG

発射ポーズその三

virtue_hcm18.JPG

発射ポーズその四

virtue_hcm19.JPG

この武器もポージングに困ります(ポージングセンスが無いだけですが)

virtue_hcm20.JPG

virtue_hcm21.JPG

virtue_hcm22.JPG

virtue_hcm23.JPG

GNビームサーベル
ポージングセンスが無くて申し訳ありません・・・。

virtue_hcm24.JPG

使用スタンド-

・HOBBY BASE [ミニMSスタンド ピュアホワイト]

プロポーションはヴァーチェ時、ナドレ時どちらも良好です。
デザイン上仕方が無いのですが、ヴァーチェ時に白い部分が多く
のっぺりとした印象を受けます。
HCM Pro独特のモールドを多少入れても良かったかと思います。

頭部のみ差し替えですが外装アーマーの脱着ギミックが再現されています。
その為可動が犠牲になっていますが仕方が無いかと。
肘や腰、足首等ナドレ時でもそこそこという程度です。
ナドレ時に合わせて可動を仕込んでいるのでこちらも仕方が無いのですが。

股関節の引き出し機構はヴァーチェ時には役に立ちますが、華奢なナドレ時に
は個人的にいまいちだと思います。

上にも書きましたとおり外装を一部だけ取り付ける事も可能なので・・・

virtue_hcm25.JPG

こんな感じにも出来ます。
本当は腹部のパーツも付けたかったのですが、背中の方は腰パーツと一緒に
成型されている為断念しました。
エクシア(というよりアストレアに)に各部の意匠がちょっと似ている気が。

可動はいまいちですが、外装アーマーが脱着出来る為プレイバリューは
高いと思います。
価格はHCM Proの中でも高い方ですが、ある程度安く購入できるのなら購入しても
良いと思えるような出来だと思います(塗装もまずまずですし)

以上、[HCM Pro ヴァーチェ]のご紹介でした。
キュリオスも購入しようかな・・・。
posted by es at 18:03| Comment(0) | ご紹介>HCM Pro | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。