2008年03月30日

HCM Pro [33-00] RX-93 ν GUNDAM

HGUC発売を記念?してνガンダムをご紹介させていただきます。

rx-93_hcm12.JPG

素立ち

rx-93_hcm13.JPG

バック・ショット

rx-93_hcm14.JPG

フィン・ファンネル以外を装備

rx-93_hcm15.JPG

後ろから

rx-93_hcm16.JPG

フル装備

rx-93_hcm17.JPG

同じく後ろから

付属品は下記の通りです。

・アンテナ(プラ製 PVC製も付属)
・各武器保持用の握り手 左右
・握り拳 左右
・平手 左右
・ビーム・サーベル 2種
・ビーム・ライフル
・ニュー・ハイパー・バズーカ
・シールド
・フィン・ファンネル

rx-93_hcm18.JPG rx-93_hcm19.JPG

ビーム・ライフル

rx-93_hcm20.JPG

ニュー・ハイパー・バズーカ & シールドビームキャノン & ミサイル

rx-93_hcm21.JPG rx-93_hcm22.JPG

ビーム・サーベル

rx-93_hcm23.JPG

ニュー・ハイパー・バズーカ

rx-93_hcm24.JPG

飛行ポーズ

rx-93_hcm25.JPG

格闘ポーズ

rx-93_hcm26.JPG

ニュー・ハイパー・バズーカ & ビーム・ライフル

-使用スタンド-

・ウェーブ [フライングスタンド]

塗装の精度は顎を除いては概ね良好ではないでしょうか。
塗装の飛び散りとかの修正をしない方は良く選んだ方が良いかと思います。
顎の塗装が良いものを選ぶのは難しいと思いますが・・・。

フィン・ファンネルは組み立てるようになっていますが、普段プラモデルを
作らない方にとっては面倒臭い作業でしょうか。
同じようなパーツが多く、組み立ての際間違い易いので気を付けて下さい。

肩関節はMG ストライク等に見られる上方への可動ブロックが追加されており、
表情付けに一役買っています。
その代わり前後への引き出し式の可動は取り入れられていません。
一応前後に動くような構成になっていますが、個人的にはもうちょっと
動いた方が良いかと思います。

首は胴体側に引き出し式、頭部側にボールジョイントの二重関節。

肩アーマーは独立可動式、上腕横ロールで肘関節は90°程度です。
武器保持用のマニピュレーターのみ手首に可動軸があります。

腰はロール可動+引き出すことにより多少の前後可動。
フィン・ファンネルを付けると仰け反ってしまいがちですが・・・。

膝を曲げることにより太腿の装甲が連動し可動します。
それにより可動範囲が多少広くなります。

膝関節のシリンダーギミックや各部の内部ディティールはSP版と同じなので
そちらを参考にしてください。

足首の可動範囲はあまり広くありません。
一応脛側の干渉する部分を削っていますが気休め程度です。

腰フロントアーマーは通常だとフレーム部分に干渉し十分に太腿を上げることが
出来ませんが、フレームを削ってあげる事で問題なく動くようになります。
多少フロントアーマーが緩くなりますけど・・・。
本当ならフロントアーマー基部を切り取り1mmプラ板をかませて再接着すれば
良いのですが、ご紹介という事で今回は見送りました。
あとは太腿の軸受け部分の後ろ(干渉する部分)を削ったのみです。

HCM Pro独特のパネルラインが目立ちますが、気になる方は消しても良いかも
しれません。
ラッカー系溶剤で消せますが、肩は可動する部分なので溶剤が入り込み割れる
危険性がある為慎重にやった方が良さそうです。
他にもサンドペーパーやメラミンスポンジ等方法が御座いますので、やり易く
リスクの無い方法を選んでみてください。

病院に付き添いに行ったりとバタバタしており、ちょっと簡単なご紹介に
なってしまい申し訳ありませんでした。
写真とかももうちょっとちゃんと撮りたかったのですが・・・。

以上[HCM Pro νガンダム]のご紹介でした。
お付き合いいただきありがとうございました。
posted by es at 21:27| Comment(0) | ご紹介>HCM Pro | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。