2008年01月21日

[Speed Grade Collection] RX-78-2 GUNDAM -大体終了-

rx-78-2_sg05.JPG

・頭部

フェイス部の後ハメ

・腕部

横ロール部分と関節部分の後ハメ
平手はHCM Proから拝借
接着は瞬間接着剤にて

・脚部

関節部分の後ハメ
接着は太腿は瞬間接着剤、脛は見たとおりプラ用の接着剤

・ベース件スタンド

ベース後ろの面にある壁掛け用?の穴は切り離しました。

腕部の接着は瞬間接着剤で問題ありませんが、脛部は後ハメに負荷がかかる
為強度的にプラ用の接着剤を使っています。

あとは合わせ目消しと表面処理のみ。
・・・武装忘れていました(笑)

組んでみて改めて「ガンダム」の立体としての素晴らしさを実感した感じがします。
バリエーション機へのリペイントにもう何体か欲しいですね。
ウイングガンダム(出来ればウイング0が良かった)も好きなので、塗装まで
いけたらと思っております。
posted by es at 01:58| Comment(0) | 凍結中>RX-78-2 GUNDAM ver.SG | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

[Speed Grade Collection] RX-78-2 GUNDAM -腹部の軸受け-

rx-78-2_sg03.JPG

プラ棒と軸穴だけだとさすがに保持力が無い(塗装すれば軸が太くなるので
大丈夫だと思いますが)ので、結局腹部にポリパーツを仕込みました。
適当にあった組み済みガンプラのポリキャップをWaveのプラサポ・PC-03を
加工したもの(四角のを使いたかったのですがHG エクシアに使ってしまった為)
を使用。
写真を見ていただければ分かるかと思います。

rx-78-2_sg04.JPG

ラッカー系溶剤では中々塗料が落ちないので、試しに紙やすりで削ってみました。
奥まったところは・・・どうしますかね(笑)
posted by es at 01:29| Comment(0) | 凍結中>RX-78-2 GUNDAM ver.SG | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

[Speed Grade Collection] RX-78-2 GUNDAM

rx-78-2_sg01.JPG

旧ザクを弄っていたら無性にガンダムが弄りたくなったので、ウチにある
唯一のガンダム(HCM ProはRX-78系全て未所持ですので)スピードグレード
コレクションをちょっと弄っています。

可動の方はHCM Pro(比べていないので分かりませんが)より劣っているかと
思いますが、個人的にこの素立ちの状態で満足なので可動については特に
弄る予定はありません。

ただ気になったのは腰部に可動が無いところでしょうか。
ポージングをさせる方はここの部分を不満な点に上げるのではないでしょうか。
個人的には可動の為では無く塗装のし易さを考えて可動部を入れて欲しかった
です。

rx-78-2_sg02.JPG

という事で大河ドラマ「篤姫」を見ながら仕込んでみました(笑)
腹部と腰部に切れ込みがあるのが確認できると思います。

プラ板を腹部底面に貼り腰部パーツごと3mm径の穴を開口(軸を合わせる為一緒に
開口した方が良いと思います)
腰部パーツに3mm丸棒を接着し完成。
ガンプラを作った事がある方は分かるかと思いますが、HGやHGUCの用に腹部の穴
(プラモはポリパーツですが)に腰部からの軸を差し込む方式です。

とりあえず軸と軸穴を設ければ簡単に可動するようになります。
使うマテリアルや、パーツを切り離すタイミング等各個人の好きな順番で
やるのが一番だと思います。
ただ考えてやらないとずれてしまったり、やり辛くなるのでご注意ください。

HCM ProのRX-78系を購入してこようかな・・・。
投売りされているロールアウトカラーなんて素材には良さそうですし。
posted by es at 03:07| Comment(0) | 凍結中>RX-78-2 GUNDAM ver.SG | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。